【世陸2023】ピンクの靴の商品名は何?ナイキドラゴンフライ着用が多い理由も!

 

こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それではごゆっくりとご覧ください。

2023年8月19日から27日にかけて毎夜熱戦を繰り広げている「世界陸上2023ハンガリーブダペスト」。

各国の出場選手が身に着けるアイテムも注目なのですが、中〜長距離のランナーに「ピンクの靴」を履いている選手が多いこと!しかも男女問わずで!

世界のアスリートが履いているピンクのシューズの正体が気になりますよね?ということ今回は

【世陸2023】ピンクの靴の商品名は何?ナイキドラゴンフライ着用が多い理由も!

と題して、世界陸上出場選手がこぞって着用するピンクの靴について調べていきますよ。

世界陸上2023でピンクのシューズを履く選手が続出!

 

陸上競技なので、着用する靴は最大限に能力が引き出せるものが選ばれるのは当然のこと。

「世界陸上2023」を見ていると、トラック競技の選手の半分以上が「ピンクのシューズ」を履いて競技に挑んでいるのがとても印象的なんですよね!

 

 

 

「世陸でピンクの靴が流行ってるの?」「アスリートはピンク好き?」と思わずにはいられない視聴者が多くなるほど、今年の世界陸上でピンクのシューズを見る機会があるというわけですよ。

 

数年前に毎年お正月恒例の「箱根駅伝」で厚底シューズが流行ったこと覚えているでしょうか?

 

箱根駅前出場選手のほとんどが「厚底シューズ」だった、というのがありましたよね?

世界陸上で出場選手がこぞって着用するピンクのシューズ、気になります!

【世界陸上2023】ピンクの靴(シューズ)の商品名は何?

 

今年2023年の世界陸上で世界各国の多くの選手が履いているピンクの靴。

調べてみると「NIKE(ナイキ)」の陸上用スパイクで、正式名称は

「Nike ZoomX Dragonfly(ナイキ ズームエックス ドラゴンフライ)」

だと判明しました!

 

NIKEの「ドラゴンフライ」は長距離用のスパイクシューズで2020年に発売されたモデルです。

競技距離でいえば、1500mから10000mのレースに照準を合わせて開発しているということ。

 

ドラゴンフライは、ナイキの中でも特に手に入りにくいと言われる陸上スパイクです。

軽量で通気性に優れたメッシュ素材のアッパーや、超軽量で抜群の反発性を誇るZoomXフォームが快適なランニングをサポート。また数百人に及ぶランナーのデータに基づいて考案された前足部のプレートで、つま先からかかとにかけてスムーズに体重移動が行える等、ナイキの最先端技術が詰め込まれているのが特徴です。

その最先端技術の効果もあり、プロ・アマ問わず様々なランナーがこのスパイクで新記録を更新。これまでに様々なカラーで展開されていますが、国内ではどのカラーも即完売するほどの高い人気を誇っています。

引用:BUYMA

 

選手自身のスプリンタースキルはもちろん必要ですが、走りを支えるのがシューズですからね!

シューズをナイキのドラゴンフライに変えることで、新記録を更新するランナーが続出となれば、プロランナーがこぞってナイキドラゴンフライを着用するのも分かります!

 

ZOOM X (ズームエックス)という素材が採用されており、ナイキのシューズテクノロジー史上もっとも軽くて柔らかい、そして反発性が優れているということです。

 

耐久性は低いもののレーシングシューズでは能力を発揮する。反発はフォームの中で一番強く、二番目にクッション性がある。航空宇宙産業の技術を用いられているため大量生産が出来ない。

引用:weblio

 

売れすぎて一般ランナーには購入するのが難しいようですが、使われている技術レベルが高すぎて、大量生産ができないというのも理由の一つのようですね。

 

ネット通販で販売はされていましたが、定価18150円ではまず購入が難しい状態のようですよ↓

 

ドラゴンフライはこれまでにカラーバリエーションも様々展開されていますが、2023年の世界陸上ではピンクのドラゴンフライを履いている選手が多いんですよね。

世陸でピンクのナイキドラゴンフライを着用する選手が多い理由とは?

 

世界陸上でピンクのシューズ「Nike ZoomX Dragonfly(ナイキ ズームエックス ドラゴンフライ)」をほとんどのトラック競技選手が着用していますが、ドラゴンフライを履く理由は前項で書いたように性能の高さゆえであることが分かります。

 

1つ目の見出しでも書きましたが、箱根駅伝で出場選手がこぞって厚底シューズを履いて注目されました。

 

シューズを変えると記録更新するんだから、そりゃ履きますよね?

しかも箱根駅伝の時も「NIKE」の厚底シューズだったんですね!ナイキ恐るべですよ。

 

で、世界陸上2023に話は戻って、記録更新を期待できるからナイキドラゴンフライを履いている選手が多いのは分かったと。

ではなんで「ピンクのドラゴンフライばかりなの?」ってことですよね?

 

Yahoo知恵袋の質問にも↓

今年の世界陸上、男女共に
蛍光ピンクのシューズ履いている人多くない…?

と「なんでピンクなの?」という質問があがっていましたが、その回答として

「ナイキの今年のカラーがピンクだから」

という理由が書かれていました。

 

ナイキの毎年のキーカラーがあることを知りませんでしたが、ちょいと調べてみると2019年に「今度のキーカラーはピンク! ナイキの最速シューズに新色が登場します。」という記事があったことは確認できました。

ナイキにその年のキーカラーが存在するということですね。で、今年2023年は2019年と同じくキーカラーが「ピンク」だから、世界陸上出場選手がこぞってピンクのドラゴンフライを履いていると。。。

 

出場選手のスポンサー(シューズ提供メーカー)がナイキで、そのナイキがピンク推しだから、世界陸上選手に履いてもらう。

世界各国で放送されるコンテンツですから、ピンク色のNike ZoomX Dragonfly(ナイキ ズームエックス ドラゴンフライ)が大注目され、めっちゃ売れると。。。うまいことできてますな〜!

 

とはいえ、シューズの性能が高いからこそ多くの選手がドラゴンフライを選ぶわけですからね。

まだまだ売れそうですね(いや売れすぎて買えないよと・・・)

他にもこんな記事が読まれています!

平野紫耀のファブリーズCM終了は何故?道枝駿佑に交代はジャニーズとの契約が理由か!
平野紫耀さんが出演していたP&G「ファブリーズ」のCMが、なにわ男子の道枝駿佑さんに交代するとニュースになっていました。 ジャニーズ事務所を退所後も出演を続けていたCMなのでファンとしては寂しいでしょうが、この時期での終了と後任が「現ジャニーズタレント」というのがなにやら因果が感じられるのですが。。。そこで今回は 平野紫耀のファブリーズCM終了は何故?道枝駿佑に交代はジャニーズとの契約が理由か! と題して、平野紫耀さんのファブリーズCM終了理由と道枝駿佑さんに後任になったわけを調べていきたいと思います!
織田裕二が世界陸上を降板する理由は?ギャラ経費削減やマンネリか
織田裕二さんの代名詞である「世界陸上」ですが、2022年7月のアメリカ大会を最後に、メインキャスターを卒業するということです。 数々の名台詞を残してくれた織田裕二さん、世界陸上といえば・・・というキャラクターだったので最後だと思うと寂しさが込み上げてきませんか? そこで今回は、織田裕二さんが世界陸上のメインキャスターを降板する理由を予想!ギャラ問題や年齢などを深掘りしていきますよ!
【世界陸上】織田裕二の後任は誰?3人の後釜キャスター候補
世界陸上のメインキャスター、織田裕二さんが2022年大会を最後に司会を卒業することが発表されましたね。 最後となると気になるのが、織田裕二さんの後任となるのは誰なのか? 2023年の開催もすでに決まっていることから、MC候補も出ているんじゃないでしょうか。 そこで今回は、織田裕二さんの後任は誰なのか?噂されている3人の後釜キャスター候補を調べてみました!

コメント