テレビCM前に画面にモザイクがかかる理由は?提供バックのぼかしはスポンサー配慮だけではない!

テレビCM前に画面にモザイクがかかる理由は?提供バックのぼかしはスポンサー配慮だけではない!テレビ・CM・映画関連

テレビ番組を見ていると、CMが入る前に「モザイク」がかかることがありますよね?

提供スポンサーの文字が表示されている後ろに映る映像や、着ている服のデザインなど、様々なものがボカシ処理で隠されているアレです。

なぜCM前にモザイクやボカシ処理が入るのでしょうか?

調べてみるとスポンサー配慮だけではない理由もあるようなんです。

テレビCM前に入る「モザイク(ボカシ)」が気になりますよね?

民放のテレビ番組で、CM放送前に入るモザイク処理。

提供スポンサー企業のロゴマークが画面に写っている時のバックが隠されているやつですね。

先日なんて朝の情報番組とか見ているとプロ野球のニュース時に提供スポンサーのテロップが下に出てきてのCM前。

画面に映る、ヤクルト村上宗隆選手のヘルメットからユニフォーム、球場壁面の企業名など至るところボカシだらけ!というのがありました。

ここまで隠されると、提供スポンサーの紹介よりも、モザイクで隠している方に目がいくやろ?って思いましたが。

やっぱり気になるCM前のモザイク(ボカシ)処理ですね。

テレビCM前に画面にモザイクがかかる理由は?提供バックのぼかしはスポンサー配慮だけではない!

↑このツイートにも書いてありますが、もはや慣例的なボカシ処理。

何があろうと、CM前にはモザイクで隠さなければいけないような事態になっていますが、実際の理由として冒頭でも書いた通り

提供スポンサー名以外に気を向けさせないこと

が大前提の理由ではあります。

民間放送ですから、製作費を出していただいているスポンサー企業を配慮するのは当然ですからね。

スポンサー配慮以外にも

  • CM明けのネタバレ防止
  • 企業ロゴの使用条件

などスポンサー配慮以外の理由もあるようです。

「CM明けのネタバレ防止」とはまさにこういうこと↓

そして「企業ロゴの使用条件」というのは、スポンサーへの配慮とも似ていますが少し主旨が違うようで。

企業ロゴ(フォント)の使用条件に、

「他企業のロゴやフォントと重ねないこと」

という条件指定があることがほとんどです。

これをロゴの「アイソレーションゾーン」といい、ロゴ周辺の規程領域を守って使用してください、という決まりのものです。

アイソレーションゾーン

引用:ロゴデザ 

上記のように、左と右のロゴの見え方(印象の残り方)は違いますよね。

アイソレーションゾーンを設定していないと、不要な情報が自社のロゴに近づいて表示され、自社ロゴが目立たなくなる可能性があるわけです。

大きくまとめると全ては「スポンサー企業への配慮」に行き着くわけですが、中を深掘りしていくとただ隠しているだけではないというのが面白いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました