口パクをする理由は?ジャニーズアイドルや乃木坂が音楽番組で歌わない原因を調査!

口パクをする理由は?ジャニーズアイドルや乃木坂が音楽番組で歌わない原因を調査!気になる
スポンサーリンク

年末にむけて音楽特番が多くなりますが、売れっ子が多数出演することで視聴者から出るのが

「○○が口パクだった」

というつぶやき。

「歌手なのに口パクってどうなの?」と良い方で捉えられることのない問題ですね。

2021年11月17日放送の「ベストアーティスト2021」でも、12月下旬に放送予定の「ミュージックステーション」でも「口パクだった」というつぶやきは増えることだと思います。

そこで今回は

口パクをする理由は?ジャニーズアイドルや乃木坂が音楽番組で歌わない原因を調査!

として、なぜ口パクが多いのか?を考察を交えながら調べて行きました!

スポンサーリンク

 

音楽番組で「口パク」が多い

年末になると特にですが、音楽特番が増えますよね。

出演するアーティストが豪華で売れっ子ばかりなので見てしまいますが、多いのが

「口パク」

でパフォーマンスする歌手。

 

「口パク」とは出演している本人が歌わず、CD音源が流れるなかで、あたかも歌っているようにパフォーマンスするアレですよね。

2021年11月11日に放送された「ベストヒット歌謡祭2021」でも出演者の口パクを疑う声が多数ツイートされていました。

みんな「口パク調査」が結構好きですよね。

 

オレねこ
オレねこ

歌うのが仕事なのになぜ「口パク」する?

カエルさん
カエルさん

ちゃんと仕事せーよって感じやん

出演者全員が口パクしているわけではありませんが、中でもアイドル枠のジャニーズや乃木坂(坂道系)やAKBに特に多いなと。

「ベストヒット歌謡祭2021」では、ジャニーズや坂道系以外にも「三代目JSB」など、本格的なアーティストと言われるグループも「口パクでは?」という声がでていたほどでした。

スポンサーリンク

口パクをする理由は?ジャニーズアイドルや乃木坂が音楽番組で歌わない原因とは?

なぜ音楽番組でアーティストが「口パク」をするのか?

「口パク」をしたくてしているという”だけ”ではなく、調べていくと口パクをせざるを得ない理由もあるのでは?という考察にたどりつきました。

 

【口パク理由1】「振り付け」を重視するため

ジャニーズや坂道系などは特に、ですよね。

踊りながらしっかりと音程を保って歌うほど難しいものはないですから。

息があがって、マイクが拾うとしっかりとした歌が届けられない可能性があります。

 

三浦大知さんなんかは完璧に歌いながら激しい振り付けをしていますが、全員が同じようにできるほどスキルを持っていません。

さらにアイドルは

歌を聞かせるよりもビジュアルを見せる

ほうがメインと考えると、かっこいい振り付けや可愛いダンスを踊る方に比重を置くのは、当然なのかもしれませんね。

 

今はなきスーパースターのマイケルジャクソンもライブでは「口パク」することがあったそうです。

ダンスパフォーマンスを重要視するためには、歌うことよりも踊ることを優先したというわけです。

 

【口パク理由2】単純に「歌が下手」だから

2つ目の理由として、

単純に「歌が下手」だから

という理由です。。。

 

CDだったら何度も歌い直して(もしくは良かった部分を繋いで)1曲を完成することが可能。

ですが音楽番組しかも生放送の音楽特番などでは失敗することができません。

アイドル=歌が下手というわけではありませんが、うまい人の方が少ないのも納得できるのが事実。

 

歌で勝負しているわけではないので、無理に下手な歌を歌わず

「テレビの前のファンに喜んでもらう」

というのが第一であると考えると、口パクをしようが問題ないのかなと。

スポンサーリンク

【口パク理由3】スタジオの音響設備によるもの

3つ目は音響設備や法律的な問題によって、口パクしないと対応できないというもの。

音楽番組で多数アーティストが出演する場合の

「ワイヤレスマイクの使用本数制限」

があるため、全員がONされたマイクを使うことが不可能なんです。

 

「電波法」という法律により、同一空間でワイヤレスマイク使用できる本数に制限があるんです。

電波法という法律上の問題で、同一空間で使えるワイヤレスマイクの本数が50本程度までという制約があります。

大きな歌番組で、他のアーティストとワイヤレスマイクを共用して混在する舞台で歌う場合に、何本か電波を飛ばせないマイクがでてきます。

生歌をしたくても、ダミーマイクのぶんが完全に口パクになります。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13157693913

乃木坂46やAKB48などのメンバーが何十人もいるアイドルグループでは、歌いたくても

「法律によって生歌が披露できない」

という状態になっているとも言えます。

 

さらにテレビ局のスタジオに

生歌唱をできるような音響設備を作れない

という技術的な問題もあるようです。

 

「ミュージックステーション」で歌だけでなく、バンド演奏も「当て振り」が多い理由がこれです。

生演奏に耐えられる音響を担保できないため、番組を成立させるための対策というわけ。

出演アーティストも生歌・生演奏したいバンドもいるでしょうが、音楽番組への出演は自分たちの「宣伝活動」でもあるので、番組側の意向も聞かざるを得ないということです。

スポンサーリンク

「口パク」は悪いわけではない

音楽番組での様々な「口パク理由」を考察してきたわけですが。。。

口パクをするからといって、それが悪いわけではありません。

番組側の考えもあるでしょうし、出演者側の意向もあるでしょう。

では何が正解なのか?といえば

出演者の一番良い姿を視聴者に見せる

のが正解ではないでしょうか?

 

ジャニーズアイドルが笑顔を振りまき踊り歌う姿、乃木坂46など女性アイドルグループが可愛い振り付けで歌う姿。

それを見せることがファンにとっては大切だということ。

 

2021年11月17日に放送される「ベストアーティスト2021」にも、ジャニーズアイドルや坂道系が続々出演する予定です。

放送中も「口パク」ツイートが次々つぶやかれることでしょうが、気にせず好きなアーティストの出演する姿を見るのが一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました