BOOWYの権利関係(著作権)は誰が持ってる?氷室布袋は承諾したか調査

BOOWYの権利関係(著作権)は誰が持ってる?氷室布袋は承諾したか調査著名人関連

 

伝説のバンド「BOØWY」がパチスロとして登場するそうです。

 

しかし、ネット上では往年のファンからすれば、パチスロ化は複雑な心境のようですね・・・

 

今回は、BOØWYがパチスロ化できたことで疑問になった

  • 権利関係(著作権)
  • 氷室京介や布袋寅泰は承諾しているのか

について調査していきます。

BOOWYのパチスロが登場!

伝説のバンド「BOØWY」のパチスロが2022年9月に登場しますね。

 

往年のファンからはBOØWYの結成から40周年での「パチスロでの復活」に歓迎する声もあがっていますが、パチスロになることにがっかりという声もあがっています。

 

 

 

BOØWYといえば、過去にもベストアルバム乱発や一度リリースしたライブDVDに少しだけ映像追加した「完全版」的ないわゆる「BOØWY商法」の多さで批判もでていますが。

 

BOØWY世代のパチスロファンからすれば大歓迎のようですが、パチスロをしない人からすれば「パチスロで復活は無いよ」ってことのようです。

BOOWYの権利関係(著作権)は誰が持ってる?

過去の「BOØWY商法」も含めて、解散したバンドであるBOØWYの権利関係(著作権)はどこが、誰が持っているのでしょうか?

 

解散後のBOØWY関連のプロジェクトをリリースしているのは、1984年から所属事務所だった「ユイミュージック(旧:ユイ音楽工房)」です。

 

ということは、ユイミュージックが現在もBOØWYの権利関係を握っているということ。

 

また、BOØWYのパチスロは「フィールズ」というメーカーから発売します。

 

パチスロ関係はフィールズがBOØWYの版権を取得したことから、今後もパチンコ屋さんでBOØWY関連が出現することになるかもしれませんね。

氷室京介や布袋寅泰はパチスロに承諾しているのか?

パチスロ機でBOØWYが出現することに、元メンバーたちは承諾しているのでしょうか?

 

過去にBOØWYのカバーアルバムがリリースされた時、元メンバーの承諾なく勝手に発売されたこともあったとか。

 

ですが解散発表したDVD「1224」の場合は氷室京介さんや布袋寅泰さんはじめ、4人のメンバーにも事前に報告されていたそうです。

 

音源ではなく、映像(BOØWYメンバーの肖像権がある)だからでしょう。

 

当時布袋寅泰さんのツアーメンバーだったベースの松井常松さんが「1224」を2人で見て、揃って号泣した、というエピソードもあるくらいですから。

 

 

パチスロ「BOØWY」では東京ドームで最後に開催したライブ「LAST GIGS」の映像が使われているそうです。

 

ということは、氷室京介さんや布袋寅泰さんらBOØWYのメンバーはパチスロ化に承諾しているというわけのようです。

 

氷室さんは一切のライブ活動を引退していますし、布袋さん以外の元メンバーも音楽活動だけで生活しているとは言い難い状況。

 

元メンバーからBOØWYのパチスロ化について、今のところ一切コメントが出ていませんが、OKということなんでしょうね。

昔からBOØWYには「BOØWY商法」的な言葉がありますが、今回のパチスロ化もその一種なんでしょうか?BOOWYのパチスロ化に残念の声!ボウイ商法に批判的な意見もの記事も合わせてお読みくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました