ながたまやおねえさんは声量が小さい理由は?子供に合わせた歌い方だから!

ながたまやおねえさんは声量が小さい理由は?子供に合わせた歌い方だから!テレビ・CM・映画関連

「おかあさんといっしょ」に出演中の、ながたまやおねえさん。

優しいささやくような声が魅力ですが、逆に歌声となると「声量がない」「声が小さい」と言われているようです。

まやお姉さんは本当に声量が小さいのでしょうか?

ながたまやおねえさんの声量は小さい?

前任の小野あつこおねえさんが、ハキハキした歌声で大きかったことからか、余計にながたまやお姉さんの声量が小さいと言われているようです。

また相方である、ゆういちろうお兄さんもハッキリとわかりやすい声ですし、もちろん男性なので声のキーは低いですよね。

低いキーの方が響くので、デュエットになると女性の声(ながたまやおねえさん)がかき消されてしまうのかもしれませんね。

 

ながたまやお姉さんの場合、普通に喋っている時も「吐息交じり」な優しい声質に聞こえます。

あえてそういう喋り方にしているとすれば、歌声もあえて声量をコントロールしている可能性もありますね。

まやお姉さんの声が小さい理由は子供に合わせた歌い方だから

ながたまやお姉さんの声量が小さいと言われる最大の理由として

「子供に合わせた優しい歌声」

だからではないか?と予想しています。

やはりまやおねえさんの歌声に「優しい」という言葉をつける視聴者も多いですね。

 

ながたまやおねえさんのふんわりとした歌声は「おかあさんといっしょ」を見る小さい子供にとっては心地よいのではないかと。

子供の耳には馴染みよい歌声でも、大人にとっては声が小さいと感じてしまうのかもしれません。

「耳年齢」というのがあって、若い人ほど高い周波数を聞き取れるといいます。

ということは、まやおねえさんは「おかあさんといっしょ」を見ている大人ではなく、子供へむけて子供が一番耳馴染みの良い歌い方をあえてしていると言えますね。

 

大人にとっては完全に好みの問題ですが、おかあさんといっしょの視聴ターゲットを考えると、ながたまやおねえさんの歌い方は正しいと言えますね。

まやお姉さんはまだ緊張しているから声が小さい?

2022年4月から歌のお姉さんになったことから、まだキャリアが浅くまやお姉さんが緊張しているのが声が小さい原因ではないか?という意見もありました。

前任の小野あつこさんも、最初は声が小さいと言われていたようですが、番組出演を重ねるごとにご存知の声量で歌うお姉さんになっていきました。

もしも緊張が原因なのであれば、まやお姉さんも、あつこおねえさん同様に数年かけてどんどん歌声が成長していくのかもしれませんね。

歌のお兄さん、お姉さんと視聴者の子供が一緒に成長するのも「おかあさんといっしょ」の魅力といえます。

それを見る保護者がまるで自分の子供を見るように番組にハマるという、まさに「おかあさんといっしょ」の思うツボ!ってわけなのでは!?

まやおねえさん本当はめっちゃ声量のあることが判明!

ながたまやお姉さんは国立音楽大学声楽科出身なので、まさに歌唱のプロ中のプロ。

歌う基本を学んで「おかあさんといっしょ」に臨んでいるわけですね。

 

大学時代のまやおねえさんの歌唱動画がありました↓

ご覧いただくとわかりますが、パワフルな声量と表現力豊かな歌声であることがわかります。

動画を見て考えてみると、やはり理由の答えとして、まやおねえさんは

「あえて子供に合わせた歌い方をしている」

という声楽科出身の基礎が分かっているからこその歌唱方法を実践しているようですね。

 

声が小さいという意見があることは本人の耳にも入っているでしょうから、今後多少は歌い方の微調整はするでしょう。

狙って子供が聞きやすい発声をしているとすれば、ながたまやおねえさんのプロとしてのスキルの高さは歴代でもトップクラスなのではないでしょうか!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました