君とどこかへ行きたいMVダンスシーンのロケ地は?カラフルな地面が印象的

君とどこかへ行きたいMVダンスシーンのロケ地は?カラフルな地面が印象的 気になる

HKT48の新曲「君とどこかへ行きたい」のMVが話題になっています。

MVの中でメンバーがダンスするシーンがあり、そのロケ地も気になります。

カラフルなイラストが描かれた地面や煙突が印象的なMVのロケ地、一体どこなのか?場所を調べてみました。

 

 

「君とどこかへ行きたい」MVダンスシーンのロケ地はどこ?

HKT48が2021年5月12日にリリースする新曲「君とどこかへ行きたい」MVのサビで出てくるダンスシーンがこちら▼(ダンスシーン前から再生されます)

水色や黄色などカラフルな色使いの地面、バックには煙突や鉄塔が印象的なロケ地です。

調べてみたところHKT48「君とどこかへ行きたい」MVのサビのダンスシーンのロケ地は「石炭記念公園」という場所だと判明しました。

航空画像でみるとHKT48のメンバーが踊っている広場の全景を確認できます。

 

「石炭記念公園」は福岡県田川市にある公園で、ダンスシーンの背景に映る煙突(伊田竪坑第一・第二煙突)は歴史遺産として残されているそうです。

「月が出た出た〜月が〜出た〜ヨイヨイ」でおなじみの炭坑節の歌詞に出てくる

「二本煙突と月」

とは石炭記念公園の伊田竪坑第一・第二煙突のことなんですって。

「君とどこかへ行きたい」駅のロケ地も

HKT48「君とどこかへ行きたい」のMVロケはJR九州が全面協力していることから、駅のホームもロケ地に使用されています。

メンバーの運上弘菜さんが旅人役で出演する「つばめ選抜」のMVでは「小串郷駅」がロケ地に使用されています。

 

メンバー3人が映る駅▼

こちらは「千綿駅」という長崎県にある駅です。

「海が見える駅」として目の前に大村湾が広がる駅として有名な場所です。

まとめ

今回はHKT48の「君とどこかへ行きたい」MVに登場するロケ地について。

  • サビのダンスシーンロケ地は「石炭記念公園」
  • JR九州全面協力で多くの駅も登場

ダンスシーンで出てくる「石炭記念公園」は風景も素敵な場所なので、ぜひ行ってみたいですね!

HKT48のメンバーが実際に踊っていた場所。ファンにとっては「聖地」になりそうですねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました