ドラゴンアッシュのダンサーが脱退する理由とは 7人でライブできないからか

ドラゴンアッシュのダンサーが脱退する理由とは 7人でライブできないからか 気になる

ミクスチャーロックバンドの「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」のダンサーメンバーである、ATSUSHIさんとDRI-Vさんがバンドを脱退すると発表しました。

 

ダンサー2人が脱退する理由とは一体なになのでしょうか?

Dragon Ashダンサー二人が脱退する理由とは?

ダンサー二人がドラゴンアッシュから脱退すると発表がありましたが、明確な理由は公表されていません。

 

ロックバンドにダンサーのメンバーが加入する時は、「バンドにダンサーは必要なの?」という声もあったようです。

 

ATSUSHIさんが脱退発表したコメントの中にも

「当初、バンドにダンサーが加入という事で、様々な意見が飛び交いました。」

とあるように、本人達もダンサーがなぜ必要なのかという声があったことを認識していたようです。

 

ただ、加入から20年経過して、Dragon Ashといえば、ミクスチャーサウンドとダンサーのステージパフォーマンスというのが、唯一無二のオリジナルになったのに、今脱退しなければならないのか?

 

真実が話されていないことから、様々な憶測が流れていますが、その一つが「7人でライブハウス出演が不可能だから?」という意見です。

ドラゴンアッシュが7人ではライブハウス出演が不可能だから?


ではなぜ「7人でライブハウス出演が不可能」と言えるのか?

 

ドラゴンアッシュは昨年2019年に「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS”」というライブツアーを行いました。

 

Dragon Ashのライブはこれまで、「スタンディングまたは、スタンディングアリーナがあること」、「メンバー7人が最大限のパフォーマンスを発揮できるサイズのステージでライブを行うこと」を信条として行われてきたが、2017~18年にかけて行われたツアー「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」での経験を経て、もっと自由に現在進行形のDragon Ashを表現するべく、今までの制約を取り払ったフォーメーションでのライブパフォーマンスに挑戦することを決意し、バンドにとって新たな試みとなる2段階のツアーを行うことになったという。

引用:rockinon.com

 

7人、しかも2人はダンサーということで、ダンスパフォーマンスができないステージサイズではライブ不可能としていたため、7人のDragon Ashとなった時点で、小さなライブハウスではもはやライブを行うことは無いと思われていたバンドとなってしまいました。

 

それが2019年のライブツアーでは、前半はバンドのみ、後半はダンサーを含めたフルメンバーでという変則的なツアーを敢行した辺りで「もしかしてダンサー2人脱退するのでは?」という噂は出ていたようです。

 

 

7人でライブハウスに出演できないのであれば、今まで通り大きなステージだけでライブすればよいのでは?と思ってしまいます。

 

ですが、先程の文中にある

もっと自由に現在進行形のDragon Ashを表現するべく、今までの制約を取り払ったフォーメーションでのライブパフォーマンスに挑戦する

というライブツアーを行なった結果として、Dragon Ashのこれから進む方向性が、より濃密に「バンドとして」進んでいくという結論に至ったのかもしれません。

Dragon Ashダンサー脱退に世間の声は?

やはり加入当初は「なぜダンサーが必要なの?」という違和感を感じる声が少なからずありました。

 

どんなことでも、前例がないものは違和感を感じるものです。

 

今では「ダンサーがいることが当たり前のDragon Ash」と感じるほど浸透していたので、やはり今回の脱退は非常に残念です。

 

まとめ

ということで、今回はDragon AshのメンバーであるダンサーのATSUSHIさんとDRI-Vさんが脱退する理由について調べていきました。

 

明確な理由は公表されていませんが、Dragon Ashがよりライブバンドとしてシフトしていくためには、7人体制でのキャパでは、数の限界があるためではという意見です。

 

それだったら昨年のライブツアーのように、5人体制と7人体制をうまく分けてライブをしたらよいのでは?と思いますが、メンバーの思いはそんな中途半端な形ではいけなかったのかもしれませんね。

 

来年、野外フェスが開催された時は、大きなステージでスペシャルゲストとしてATSUSHIさんとDRI-Vさんが登場してくれると嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました