タッキーがジャニーズ事務所を退社した理由は?ジュリー氏と揉めて辞めた説を調査!

タッキーがジャニーズ事務所を退社した理由は?ジュリー氏と揉めて辞めた説を調査!著名人関連

タッキーこと滝沢秀明さんが、2022年10月31日をもってジャニーズ事務所を退社したことが正式に発表されました。

超人気ジャニーズアイドルが裏方に回り、副社長まで上り詰めた後に会社を辞めたわけですからね。

タッキーがジャニーズ事務所を退所した理由とは?

藤島ジュリー景子社長と揉めた説も調べてみました!

タッキー(滝沢秀明)がジャニーズ事務所を辞めた理由は?

タッキーこと滝沢秀明さんが、ジャニーズ事務所の副社長の座から身を引いて退社した理由。

何やら「内輪揉め」のような噂があがっているようです。

2022年1月に「サイゾーウーマン」が、滝沢秀明副社長と藤島ジュリー景子社長との「確執」を報じていました。

「つまり滝沢氏は、Jr.の発掘・育成までがメイン業務であり、その後グループがさらに成長していく過程を迎えれば、“お役御免”となってしまう。それでいて、どのグループをいつデビューさせるかなど、重要な局面の最終決定権は当然ジュリー氏が持つ。この状況に、滝沢氏は『結局おいしいところは持っていかれてしまう』と周囲に不満を漏らしているそうです」

引用:サイゾーウーマン

タッキーが手塩をかけて育てたグループが、活躍してきた時点でジュリー氏の管轄に置かれるということに、滝沢秀明副社長が不満を持っていたようです。

スノストがタッキーからジュリー管轄で揉めて辞めたのか!

2019年にデビューしたSixTONESやSnowMan。

デビュー後はご存知の通り、CD売り上げに関しても今やジャニーズ事務所を代表するグループになっていますよね。

「19年1月の同社設立から1年後にCDデビューしたスノストは破竹の勢いで活躍を見せており、滝沢氏の手腕には各関係者も舌を巻いた。ところが、同社を活気づけた存在とも言うべき両グループは、今後はジュリー氏の膝元に置かれる。滝沢氏からすれば、せっかく育てたグループを“奪い取られた”という気持ちでしょう」

引用:サイゾーウーマン

そんな「スノスト」を育成したのが、滝沢秀明さんと言われています。

SixTONESやSnowManを世に送り出すまでが、タッキーの仕事。

人気が安定したらジュリー氏のものになる。。。ということに滝沢秀明さんが不満を持っていた、ということがジャニーズ退社理由のようですね。

2022年10月28日に全世界デビューを果たした「Travis Japan」。

メジャーデビュー、しかも世界で!が実現できたのはタッキーの戦略があったからこそだということ。

デビュー日に海外にいることも含め、Travis Japanのデビュー戦略はあらゆる点が異例ずくめだ。ある芸能事務所の幹部は、この戦略をもって「滝沢秀明プロデュースの第一章が完結するのではないか」と語る。

引用:CYZO CULTURE PRESS

「滝沢秀明プロデュースの第一章が完結するのではないか」がまさかジャニーズ退社だとは予想できなかったことです。

Travis Japanの全世界デビューの3日後にジャニーズ事務所を退社ですからね。

タッキーの中で、Travis Japanのデビューこそが

「ジャニーズ事務所副社長として最後の仕事」

と決めていたからと言えます。

Travis Japanのデビュー戦略については、ファンから「国内プロモーションが少なすぎる」「ネット以外の宣伝に全然力が入ってない」といった指摘もあがっている。業界内では「トラジャのデビューは滝沢副社長の肝煎りだが、ジュリー社長があまり関心を持っておらず、事務所内で温度差が生まれているのが国内での宣伝不足の原因」とささやかれ、いわゆる“派閥争い”が絡んでいると見る向きがある。

引用:CYZO CULTURE PRESS

スノストがジュリー氏への管轄移動で不満を持ったことに加えて、Travis Japanへの扱いが滝沢秀明さんと藤島ジュリー景子社長との確執を更に深めたということかもしれませんね!

タッキーがジャニ退社を決断したのは内村颯太の「タキニ発言」がきっかけ?詳しくは↓
【タッキー退社】内村颯太のタキニ発言が原因?ジャニーズを辞めた苦言内容とは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました