【高橋茉莉】立候補断念の本当の理由は?ラウンジ勤めや生活保護受給の過去が原因ではない?

 
当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

【高橋茉莉】立候補断念の本当の理由は?ラウンジ勤めや生活保護受給の過去が原因ではない? 政治系

2024年4月の衆院東京15区補選に、国民民主党から公認候補で出馬予定だった、タレントの高橋茉莉(たかはし まり)さん。

2月25日に、党側から「立候補断念」を迫られたと、SNSで暴露して話題になりました。

高橋茉莉さんの立候補断念の本当の理由とは一体なんなのでしょうか?

高橋茉莉が国民民主党から立候補断念を迫られたと話題!

 

2024年4月の衆院東京15区補選で、国民民主党から公認候補予定とされていた、タレントの高橋茉莉(たかはし まり)さんが、党から「立候補断念」を迫られたと、暴露したことが話題です。

高橋茉莉さんは、大学時代にラウンジで働いていたことが、公認取消の理由だと発言しています。

高橋茉莉さんが立候補断念を迫られたという、本当の理由とは一体なんなのでしょうか?

高橋茉莉の立候補断念になった本当の理由とは?

立候補断念を迫ったとされる、国民民主党からは2024年2月26日に会見を開き、高橋茉莉さんの立候補断念に至った本当の理由を説明する、ということです。

「法令に抵触するおそれのある事実が明らかになった」というのが理由だと党側は主張しています。

高橋茉莉さんは、自身のXで涙ながらに、立候補断念に至った理由を説明しています。

 

すでに本人の投稿は削除されていますが、動画の中で

  • 過去のラウンジ勤めを理由に公認候補を外された
  • 体調不良を表向きの理由にして、立候補を辞退しろと言われた

と主張しています。

 

高橋茉莉さんの捉え方としては、ラウンジで働いていた過去が、国民民主党側として問題点にあがった、ということなんだろうと考えているようですね。

ラウンジ勤めや生活保護受給の過去は原因ではない?

国民民主党の玉木雄一郎代表は、高橋茉莉さんの過去のラウンジ勤めを理由に、立候補を断念させたわけではない!と反論しています。

 

Xでのコメントにも

「特定の仕事をしていたことのみで立候補を断念させるようなことはしません」と、ラウンジで働いていた過去が断念理由というのは、キッパリ否定しています。

 

生活保護を受給しながら、ラウンジ勤めをしていたのでは?という意見もあがっていましたが。。。

 

高橋茉莉さんが党から立候補断念迫られたと暴露した最初のポスト内容(現在は削除)には

 

「ラウンジで働いていた過去があるからです」

「生活保護を経験し、頑張って奨学金で慶應を卒業しましたが、多額の返済が残りました」

と書かれているのみで、働いているのに生活保護を受給していた、とは断定することはできません。

情報が湾曲して伝わっている、の典型のような気がします。

立候補断念の「法令に抵触するおそれのある事実」とは何?

国民民主党の玉木代表は

ラウンジで働いていた過去は全く関係なく、高橋茉莉さんに「法令に抵触するおそれが事実が判明した」ことで、出馬辞退を求めたと言っています。

 

選挙に関する「法令に抵触する」で、浮かぶのが「公職選挙法違反」ですが、

公職選挙法第139条では、選挙運動に関していかなる名義であっても飲食物を提供する行為を原則として禁止しています。

公職選挙法147条の2では、候補者が選挙区内の人に年賀状や寒中見舞いや暑中見舞いなどのあいさつ状を出すことを禁止しています。

公職選挙法第138条では、選挙での投票依頼などを目的に戸別に家を訪問することを禁止しています。

公職選挙法第199条の2では、現職の政治家や候補者などが選挙区内の人などに寄付をすることを禁止しています。

公職選挙法第152条では、政治家などが選挙区内の人や団体に対してあいさつを目的とする有料広告を新聞やテレビやラジオなどに出すことを禁止しています。

公職選挙法第225条では、選挙の自由妨害罪について規定しています。

引用:ベリーベスト法律事務所 岡山オフィス

 

上はほんの一部ですが、このような法律違反があった事実を、国民民主党側はとらえているということなのかもしれません。

 

コメント