村上宗隆の年俸2023年分を予想!5億円超えは確定?

村上宗隆の年俸2023年分を予想!5億円超えは確定?著名人関連

ヤクルトスワーローズの村上宗隆選手の大活躍が止まりませんね!

この調子でいくと三冠王も射程圏内となっていますが、そうなると期待されるのが来季の年俸。

今季の倍以上は確定なんじゃないか?という声も上がっていますが、2023年の村上宗隆選手の年俸を予想していきたいと思います!

村上宗隆2022年の年俸は2.2億円!

村上宗隆選手は高卒5年目で、2022年の今季年俸はなんと2.2億円!

現在22歳で2億円越えですからね〜!活躍をみれば当然と言えますが。

ちなみに日本プロ野球界のレジェンドたちの5年目の年俸と比較すると

  • イチロー:1億6000万円
  • 松井秀喜:1億6000万円
  • 大谷翔平:2億7000万円

あのイチローさんや松井秀喜さんよりも6000万円高い金額ですからね〜!いかに村上宗隆選手の活躍ぶりと見合った報酬をもらっているかが分かります。

大谷翔平選手は投手であり野手であり、どちらも超一流ですから年俸も2人分だと考えればこの金額は妥当な年俸ですよね。半分すれば1億3500万円ですから。

村上宗隆の年俸2023年を予想!

村上宗隆選手の来季2023年の年俸は?と予想したところ

「5億円超えは確実」

ではないか?という予想にたどり着きました!

その理由として、まず本塁打で考えてみると2022年9月2日時点で50本塁打を記録しています。

前述した松井秀喜さんの2002年以来となる記録で、王貞治さんが記録した24歳3ヶ月を更新。

しかも9月2日時点で、24試合残っていることから王貞治さんの持つシーズン55本を超える可能性も非常に高いです。

松井秀喜さんが50本塁打を記録した年(2002年)の年俸が「6億1000万円」でしたから、この金額に迫る額を手に入れることは十分可能だといえます。

億プレーヤー年俸が来季2倍にアップは、一部の大記録を出した選手であればありえる増額です。

村上宗隆選手が5億円超えは現在より2億8000万円アップとなりますが、大記録達成を考えれば十分ありえる大幅増額といえますね。

村上宗隆はチーム事情で6億越えは難しい?

村上宗隆が所属する、ヤクルトスワローズというチーム事情から上限は5億円、6億円以上は難しいだろう予想する声も。

ですが球団本社である「ヤクルト」の純利益が2022年3月期に過去最高を記録したというニュースが!

ヤクルト本社が13日発表した2022年3月期の連結決算は純利益が前の期比14%増の449億円で過去最高益となった。国内で高単価の乳酸菌飲料「ヤクルト1000」の販売が好調だった。

引用:日本経済新聞 

親会社が好景気であることから、運営球団の大記録を作っている選手の年俸をケチるのか?って思うところもありますがね。

まさに「ヤクルト1000」が好調で最高益なんですよね。

ヤクルトスワローズの最高年俸が山田哲人の5億円。

キャリアは倍ほど違いますが、村上宗隆選手が山田哲人選手に追いついたとき、次はメジャーリーグ進出しか目標がなくなるかもしれませんね!

2023年年俸のの契約更改はシーズン終了後の今年末にあるので、度肝を抜かれる金額が出るのでは?と楽しみですね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました