元SMAPメンバーへの圧力の内容は?民放テレビ局では放送しない?

元SMAPのメンバーである3人(稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛)に対して、テレビ出演させないように民放テレビ局に圧力を加えたとして、公正取引委員会からジャニーズ事務所が注意されたということです。

注意なので、なにかジャニーズになにか処分が下ったというわけではないですが、やはり噂にあった「辞めたタレントへの圧力をかける」という行為が事実だったと言わざるを得ませんね。

元SMAPメンバーへの圧力の内容!

ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対して、元SMAPのメンバーで事務所を退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人を出演させないように圧力をかけていたことがわかったとNHKや時事通信、共同通信など報道各社が報じた。

公正取引委員会は独占禁止法違反にあたる恐れがあるとして、7月17日までにジャニーズ事務所に注意をしたという。

HUFFPOSTより

ニュースに書いてある通り、SMAP時代から出演していた民放のレギュラー番組が、次々と終了していったのが、ジャニーズ事務所からの圧力内容だったということ。

 

中でも当時から「これは完全に圧力かけられての終了じゃないの?」と噂されていたのが、香取慎吾さんが出演していた「スマステーション」の打ち切りです。

2017年9月23日放送の699回目で最終回という形に、香取さん本人も「残念ですよ。本当に続けたかった」と悔しそうな言葉を放送終了直前で言っていたのを覚えています。

10月改編であれば、翌週の9月30日も土曜日なので700回目というキリのいいところで終了できますからね。

スマステの終了について、こんな記事がありました↓

テレビ朝日の定例社長会見が26日、東京・港区内の同局で行われた。23日に最終回を迎えた元SMAPの香取慎吾が出演した「SmaSTATION!!(スマステーション、以下スマステ)」について、早河洋会長兼CEOは699回という中途半端な放送回数で終了したことについての質問に「長寿番組だから整数で終わるルールもなくて。自然の流れで終了したと受け止めていただければ」と特に意図はないと説明した。

終了理由は「総合的判断でやめるということ」と説明。「700回やれば皆さん満足するのかというと、そういうことではないと思うので、自然の流れで終了したと受け止めていただければ」とした。9月30日で終了すれば、区切りが良かったのではないかという指摘もあるが、「編成判断は局の独自性ですから。30日が空いているのではないか、というご指摘はお答えしようがない」と、語るにとどめた。

デイリースポーツより

 

他にも草なぎさんが出演していた「ぷっすま」の終了理由も

(20年放送していたという)役目をを十分果たしたから」

というのが終了理由だと言っていました。

 

稲垣吾郎さんが出演していた「ゴロウデラックス」についてはこんな記事がありました。

編成部企画総括の石丸彰彦氏は「ゴールデンプライム帯のバラエティ番組がそこまで強くはありません。まだまだ進化していかないといけない。ゴールデンプライム帯に打って出るべく深夜のバラエティ番組をそろえていくということで」と理由を説明した。

マイナビニュースより

それぞれの番組で、制作局の人間が理由を話していることが、実は圧力をかけられていたことへの「ジャニーズ事務所への忖度発言」なんでしょうか。

ジャニー喜多川さんが生前に3人に対しての思い、

「自分達の決意で異なる道を歩み始めますが、どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません。長年にわたって頑張ってきてくれた3人ですので、これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることと確信しています」

が果たして真実だったのか?今回のような報道が出てしまうと、疑問に思ってしまいますね。

民放テレビ局では放送されない?

元SMAP3人の出演を阻む、ジャニーズ事務所からの民放テレビ局の圧力問題について、NHKや新聞各社、ネットニュースが報じています。

ですが、圧力をかけられていた?いわば被害者の1つである民放テレビ局が、今回の報道内容を放送するのか?

 

7月17日夜に放送していた「ニュース23」(TBS系)では、ジャニーズ事務所の圧力報道を放送していました。

「ニュースZERO」では、放送していません。やはり嵐の櫻井翔さんがキャスターとして出演しているから?でしょうか。

↑7月17日放送分の「ニュースZERO」放送終了直前に、圧力のことが放送されていました。

ただし、放送時間はすごく短かったです。

 

フジテレビ系の「Live News α」でも報道はありましたが、放送時間はかなり短かったです。

どちらも、ジャニーズ事務所が出した声明を読み上げていました。

弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。

弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。

↑この文章を見る限り、報道で出ていた公正取引委員会からの注意があったことも「事実ではない」と捉えるのでしょうか?

ジャニーズ事務所としては、調査を受けたことは事実ですが、圧力をかけたということは事実ではないという見解のようです。

公正取引委員会側からすると「(テレビ局に)圧力をかけていたように見えた」ということ?う〜ん、謎です。

独占禁止法を執行する日本の行政機関が、確証なく動くかと言われるとそれは無いんじゃない?と思っちゃいますが。

 

 

7月17日以降の番組でも、ジャニーズ事務所所属タレントが司会やコメンテーターを務めている番組

  • ビビット(国分太一)
  • サンデーLIVE(東山紀之)
  • 中居正広のニュースな会(中居正広)

などでは、今回の問題が放送されることはないでしょう。

 

本人らは所属しているからコメントもし辛いし、所属タレントがではなく会社が行った問題だから。

組織の問題を個人に持っていくのは酷です。

 

みんなの意見をまとめ

やっぱり視聴者は、これまでの違和感を感じていたはず。

事務所としては、それが分かっていないと思っていたのか?疑問ではありますが、こういう報道が出てきたことがジャニーズ事務所のなにかが変わってきた、つまり「権力の弱体化」が進んだと思わざるを得ませんね。

元SMAPへの圧力問題まとめ

視聴者の多くが疑っていた(というか薄々分かっていた?)元SMAPへの圧力問題。

民放テレビ局も積極的にこの問題を放送しないと、いつまでたっても巨大な事務所依存なテレビ界が変わらないし、「やっぱりそうか」という思いで、一層テレビ離れが進むのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました