小林廣輝アナはハゲでおでこが広い!ストレス薄毛が進行か?

小林廣輝アナはハゲでおでこが広い!ストレス薄毛が進行か?芸能人の疑惑

複数の女性との交際騒動が報じられたTBSの小林廣輝アナ。

レギュラー出演していたNスタに続き、アッコにおまかせへの出演見合わせも決まっています。

騒動へのストレスなのか?小林廣輝アナの「ハゲ」が進行しているのでは?と噂されています。

小林廣輝アナのハゲでおでこが広いのはストレスなのか?

ただの薄毛なのでしょうか?

 

 

小林廣輝アナが「ハゲ」では?と話題

小林廣輝アナはもともとおでこが広かったようですが、ここ最近はそれ以上に

「ハゲているんじゃ」

という声が多くあがっていたようです。

 

おでこを出している画像を見てみると↓

ハゲているといえるほどの広さには見せませんが。。。

 

こちらの画像を見てみると↓

小林廣輝アナ 画像

あれれ、結構ハゲているように見えますね。。。

小林廣輝アナのハゲはストレス薄毛?

もしかすると、複数の女性との交際を週刊誌にスクープされたり、当の女性からの圧力によって精神的なハゲなんでしょうか?

小林廣輝アナのハゲ疑惑については、アッコにおまかせやNスタへのレギュラー出演が始まったころから言われていました。

ということは、ここ最近の騒動によってストレスで薄毛になったわけではないというわけで。

もともとのおでこの広さに加えて、アナウンサーということで髪型もビシッとキレイに決めないといけない。

そんなわけで「デコ出し」のヘアスタイルが結果的にハゲ疑惑を増大させたのかもしれません。

 

小林廣輝アナのハゲは女好きだから?

小林廣輝アナのおでこのハゲ疑惑については、今回の騒動をかけて

女好きだからハゲている?

という声も上がっていました。

 

いわゆる性欲の強い人には「テストステロン」という男性ホルモンが通常より多く分泌されるそうです。

DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる、『悪玉男性ホルモン』がAGAの大きな要因になっています。これは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンと「5α-リダクターゼ」という酵素が結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

このDHTは毛母細胞に攻撃をして髪の成長を妨げるために、脱毛の原因を作り出します。本来の役割とは逆に抜け毛が増えてしまうその作用から別名「脱毛ホルモン」とも言われる程です。血中のDHTの濃度が高いほど、AGAが進行すると言うことが判明しています。そのため、AGA治療では男性ホルモン生成の抑制が行われているのです。

引用:https://www.kato-aga-clinic.com/guide/cause/

テストステロンの分泌が多いとハゲる原因となる「悪玉男性ホルモン」が発生する可能性が高いということ。

 

12人の女性との交際が発覚した小林廣輝アナですから、相当テストステロンの分泌量も多かったのかもしれません。

ちなみに、テストステロンは筋肉の発達にも重要な男性ホルモンだそうです。

テストステロンは筋肉を太くする様々な信号を発信しますので、テストステロンが不足していると、トレーニングや運動をしていても効果を最大化できなくなります。

引用:https://www.mens-health.jp/726

 

マッチョで有名だった小林廣輝アナ。

小林廣輝アナ

女好きでマッチョ

テストステロン大量分泌

結果ハゲ

すべての人がそうだ!というわけではありませんが、なんだかつながった感がするのは私だけでしょうか。。。

アナウンサー生命も危機!?

 

まとめ

ということで今回は小林廣輝アナのハゲ疑惑について。

  • 小林廣輝アナのおでこは以前よりハゲている可能性
  • 報道によるストレス薄毛ではない
  • 元々おでこは広かったのは事実

このままアナウンサーとして活動できるのか?も分からなくなってきた小林廣輝アナ。

先行き不安で、今よりもハゲてしまう可能性も。。。

コメント

  1. […] <引用元 https://ore-asu.com/> […]

タイトルとURLをコピーしました