キングオージャーのキャスト発表が遅い本当の理由!ドンブラザーズ出演者が続投するから?

 

こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それではごゆっくりとご覧ください。

戦隊モノの常識を覆した「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」も2023年2月で終わりを迎えます。

3月5日からは「王様戦隊キングオージャー」が始まるわけですが、キャスト発表会見が2月14日に開催されます。

かなり遅いキャスト発表になにか理由があるのでは?と噂されていますが、本当の理由とは一体なんなのでしょうか?

そこで今回は、キングオージャー のキャスト発表が遅い理由について、SNSで上がっている噂を検証していきたいと思いますよ!

「キングオージャー」のキャスト発表が遅すぎる!

「王様戦隊キングオージャー」のキャスト&主題歌発表は2月14日と、例年に比べると遅めの制作発表記者会見です。

現在放送中の「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」含む、過去4作のキャスト発表日を調べてみると

  • 暴太郎戦隊ドンブラザーズ 2月9日
  • 機界戦隊ゼンカイジャー 1月15日
  • 魔進戦隊キラメイジャー 1月16日
  • 騎士竜戦隊リュウソウジャー 2月6日

ドンブラザーズとリュウソウジャーが2月初旬のキャスト発表で、それ以外は1月中旬。

こうやってみると、キングオージャーの2月14日は確かに遅く感じますね。

ここまで発表が遅い理由は、ドンブラザーズがそうだったように、キャストに関係しているのでは?と噂されていました。

キングオージャーのキャスト発表が遅い本当の理由とは?

キングオージャーのキャスト発表が遅い理由として、ネット上で囁かれていたのが

ドンブラザーズの出演者が続投

が本当の理由なのではないか?という意見です。

ドンブラザーズの出演者が続投?

ドンブラザーズのキャストが一人、もしくは多数キングオージャーに続投するのでは?というもの。

ドンブラザーズとその前のゼンカイジャーは、作品としては別物ですがご存知の通り、共通する部分が非常に多いですよね。

  • ゼンカイジャーの主人公、五色田介人(駒木根葵汰さん)が継続して出演
  • 武器(アバタロウギア)が、前作の武器(センタイギア)と互換性がある

など、世界観は違いますが、2つの作品がうっすらと繋がっています。

前作『ゼンカイジャー』にドンモモタロウやエンヤライドンが先行登場したことや、前作の主人公であったゼンカイザーが色を変更して登場したり、互換性のあるアイテムを投入させたのは、1年でリセットして次の作品にスライドさせていくというこれまで続けてきたやり方自体にメスを入れたもので、はっきりとリセットさせずに緩やかにクロスフェードしていく番組の移り変わりを目指したことが本作品の発端であったという。

引用:ウィキペディア

ドンブラザーズで試行した「1年でリセットせずにクロスフェードさせていく」というやり方は、作品に革新性を持たせるという部分で、かなり実験的でしたよね。

ドンブラザーズの評判の高さを見ていると、実験は成功したと言えます。

また武器に互換性を持たせることで、1年だけで終わらないコレクションさせる意欲ももたらされます。

普通だと前作の武器を次回作で使うことはできませんが、ゼンカイザーのギアトリンガーに、ドンブラザーズのアバタロウギアをセットすることが可能ですからね。逆も然りです。

ドンブラザーズで実現した「クロスフェード」させるという概念を、次回作であるキングオージャーでも継承するからこそ、キャスト発表が遅くなった=ドンブラのキャストが続投する可能性が考えられるということです。

ドンブラザーズのキャスト発表日に注目!

ドンブラザーズのキャスト発表日が2022年2月9日でした。

前作のゼンカイザーが2021年1月15日

ドンブラザーズのキャスト発表が約1ヶ月も後になったのか?

それはゼンカイザーの主人公だった五色田介人役の駒木根葵汰さんが、次作のドンブラザーズへ続投するから。

例年通り1月半ばに発表すると、続投することへの疑問が大きくなり、現在の作品が霞んでしまうなど様々な理由があってのことだったのでは?

そんな前例を受けると、キングオージャーのキャスト発表が遅いのは、ドンブラザーズのキャストと重複する部分があるから、という理由も納得できます。

異色の作品ながら、多くのファンを魅了したドンブラザーズ。

ドンブラザーズのキャストが、キングオージャーに続投するとなればドンブラファンを引き継いで、相乗効果になるんじゃないかと思います!

コメント