消えた天才の後番組は?捏造動画で打ち切り間近ってマジか?

どうもどうも〜!

毎週日曜日に放送中の「消えた天才」で、捏造動画が発覚したとして、次回以降の放送を休止するとニュースありました。

調査が完了するまでの休止ということですが、もはや実質の打ち切り状態じゃないかと。復活したところで、視聴者の不信感は拭うことが難しいのではないでしょうか?

こちらの記事では、

  • 消えた天才の後番組は?
  • 消えた天才の捏造動画(加工動画)は?

これらの内容を調査を元に書いていきます。

消えた天才の後番組は?

「消えた天才」で起こした捏造というのが、

先月11日の放送で、野球のリトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の投手の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりも速く見える加工を行っていた。捕手へ届くまでの約0・5秒間を2割程度速くしていたという。放送した31球のうち7球で加工がなされていた。

引用:ライブドアニュース「TBS「消えた天才」過剰演出…過去放送分でも発覚「打ち切りの可能性も」

これまでの放送でも加工を行った捏造動画を放送していたことが発覚(詳しくは後述)したということです。

過去にも「発掘あるある大辞典」や「ほこたて」など、ヤラセ(捏造)によって、番組自体が終了するという自体が起こっていますが、今回の「消えた天才」もそれらと同じような運命をたどることになる可能性は高そうです。

つまり「打ち切り」になる可能性大ということ。

 

現時点では放送休止という措置ではありますが、どちらにしろ「消えた天才」が放送していた時間帯に代替番組が必要になります。

後番組は現在同じ時間帯に放送している「坂上&指原のつぶれない店」がしばらくの間、放送されるのでは?と予想しています。

消えた天才の捏造動画(加工動画)は?

「消えた天才」の捏造動画(加工動画)は問題が発覚した8月11日のリトルリーグの投球のものを含めて4件の捏造があったということ。

発端となった8月11日の捏造動画の部分がこちらにありました↓

Twitter / ?

ちなみに2倍じゃなくて、2割(1.2倍)に加工した映像です。

見ると分かりますが、ボールを放ったところのスピードの早さ、これは早すぎでしょ?って感じしますよね。

この映像の当時12歳のピッチャーの方ですが、実際のボールスピードが132kmあったということなので、十分早いですが2割増しなので、そのスピード158km!!プロもびっくりです!

 

他にも

  • 2018年1月3日放送の卓球する女性の映像
  • 同日のフィギュアスケート大会優勝の小学生のスピンスピード
  • 2018年11月4日放送の元Jリーガーの小学生時代の試合のドリブルスピード

この3件もピッチャーのと同様に2割ほどスピードを早く加工した動画を制作したということです。

 

捏造動画を本物として放送することが、常態化していたようですね。

ここまで視聴者を裏切ったとなると、やはり番組が打ち切りになる可能性のほうが高そうと言わざるを得ないです。

 

ネットの反応まとめ

この映像に出ているピッチャーの方に多大な迷惑がかかるという思いはなかったんでしょうか?

それに加えて出演者など関わる人らも、責任の一端を背負わされることになるかもしれないのに。

「消えた天才」という番組自体が消えてしまった、、、なんていうオチ、笑えないっすよね。

最後にまとめ

Twitter / ?

8月11日の放送時にすでに怪しいと疑われていた問題の動画。

視聴者に消えた天才の凄さを見せたいがために、このような早回し加工をしたということみたいですが、完全に逆効果。しかも見抜かれているし。

天才と言われたアスリートたちの凄さの真実を伝える番組で、堂々と捏造を行ってしまったという惨めな結果に、打ち切りもやむ無しと思うのが世間の声なのではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました