ディズニーはベタ付けの意味は?千葉ドコモショップの侮辱メモで話題に!

どうもどうも〜!

千葉県のドコモショップ(ドコモ代理店)で、利用者に対する「侮辱メモ」が流出し話題になっています。

その内容に「ディズニーはベタ付け」という一文が書いてあるのですが、果たしてどういう意味なんでしょうか?

ドコモショップ「侮辱メモ」の内容は?

親代表の一括請求の子番号です
つまりクソ野郎。
新プランにかえて、Disneyはベタ付け。

バックアップめんどくさくないですか?
からのいちおしパックをつけてあげて下さい。

親が支払いしてるから、お金に無トンチャク
だと思うから話す価値はあるかと。

メモ内容を書き起こしてみましたが、使っている言葉とか最悪ですね。

「親が支払いしている」と書いていますが、この方の親が自営業をしていることから携帯代を一括にした方が都合がよいためにしているということです。それを想像でひどい物の言いようですよね。

ディズニーはベタ付けの意味は?

ドコモショップの店員が書いたとされる上記のメモ文章。

ここに書いてある「Disneyはベタ付け」とは一体どういう意味なんでしょうか?

「ディズニーはベタ付け」の意味は、

NTTドコモの料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」の契約をすると、ディズニーの公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」(月額700円)が実質無料、加えて「アマゾンプライム」(年会費4900円)が1年間無料で利用できる

というサービスです。

↑このCMはアマゾンプライムが付いてくるってやつです。

同じく『ディズニーデラックス」も実質無料で契約できるというもの。

 

「侮辱メモ」に書いてある意味は、プラン変更(ギガホorギガライト)にして、上記のプランを付けろという指示なんでしょうね。

 

キャリア以外のオプションサービスを付加することで、手数料などが入ってくるんでしょうか?

もちろん配信サービス側も登録者数を獲得できるので、両者にとってメリットがあるため、ショップとしては推したいオプションなんでしょう。

 

まとめ

「侮辱メモ」のドコモショップ、これからワイドショーなどでも取り上げられると思うので、代理店や店長(責任者)への処分も検討されることになりそうです。

問題の千葉県のドコモショップについては、下記の記事で調べています。お時間あればご覧になってみてください↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました