【24時間テレビ2023】負けないで歌唱は何時ごろ?ZARD合唱でヒロミを救う!

 

こんにちは、当ブログの管理人です。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

それではごゆっくりとご覧ください。

いやいや〜今年2023年も「24時間テレビ」がなんだかんだで盛り上がってますね〜!

チャリティーランナーの意味合いが毎年分からなくなっている今日この頃なんですが、2023年はタレントのヒロミさんが放送当日に発表され「フィナーレにしかゴールしない」と世間の声を意識したヒロミさんらしい発言も出てましたが。

多分8月27日の日曜夜にはZARDの名曲「負けないで」を出演者で大合唱するいつもの光景が現れることでしょう!ということで今回は

【24時間テレビ2023】負けないで歌唱は何時ごろ?ZARD合唱でヒロミを救う!

と題して、毎年恒例のチャリティーランナー応援ソングの登場時間を調査!さぁみんなで大合唱しよう!!

24時間テレビ2023のチャリティーランナーはヒロミ!

 

今年2023年の「24時間テレビ」の毎年恒例チャリティーランナーはタレントのヒロミさんが放送当日に発表されたことでびっくりでしたよね!

 

ヒロミさんがなぜ当日に発表を希望したか?というと↓

番組中に岩田絵里奈アナウンサーのかけ声で幕が開いて登場。

笑みを浮かべながら手を振った。どよめきに包まれる中、かっこよく登場したヒロミだが、当日発表となったことについて「別にそんなに隠したいというわけではないんですけど、とりあえず恥ずかしさがあって。本当に申し訳ございません」と照れ笑いを浮かべた。

引用:Yahooニュース

 

「恥ずかしかった」から当日発表とヒロミさんらしさもありますが、スタート前のコメントも秀逸で

「俺、58歳ですよ。皆さん、言っておきますよ!俺、フィナーレにしか着きませんからね!十分、休みながら行くから。いろんなところで何言われても、フィナーレにしか着きませんから!」

と24時間テレビより前の7月に放送されたフジテレビ系の「27時間テレビ」を逆イジリする余裕の発言!ヒロミさんだからこそ出せる発言じゃないかと。

 

なんだかんだ批判の的になる24時間テレビのチャリティーマラソン。

完全に「ネタ化している原因」のひとつに、ゴール直前のお約束の流れがあるからですよね。

 

 

 

サンプラザ中野くんが出てきて、爆風スランプの「runner」を歌うのも、まるでデジャブのように毎年お約束の流れになってますよね。

 

みんな大好き!24時間テレビの「負けないで」今年も何時ごろから歌唱スタートするんでしょうか?

【24時間テレビ2023】負けないで歌唱は何時ごろ?ZARD合唱でヒロミを救う!

 

毎年の24時間テレビチャリティーマラソンの最後の方で歌う「負けないで」。

サビのところをリフレインで何度も繰り返して歌いながら、徳光和夫さんがランナーの懸命な走りを見て、カメラに抜かれていることを意識しながら涙を流す(汗)リハーサルしている?ってくらい完璧な流れとなっています笑

 

↑ステージ上の出演者は「もうええわ」状態だと思います(笑)

 

24時間テレビでここ何年も定着しているのが、

  • 日曜の21時までが本放送
  • 21時からの「行列ができる相談所」が生放送

と24時間テレビと行列〜が繋がったまま、実質24時間テレビが22時まで放送のような形式をとっています。

 

とはいえ本放送が21時終了なので、フィナーレにゴールを間に合わせることを想定すると↓

 

そうなんです!20時30分前後から、日本武道館まで残り1kmあたりのところで、「負けないで」のイントロが鳴り出して、ステージ上の出演者が大合唱する流れ。

何人もの出演者で一緒に歌うのに加えて、サビを繰り返しすぎるので歌詞間違えたりリズム外れたりと、若干グダグダになるのもいつもの24時間テレビらしい光景ですけどね。

 

 

 

24時間テレビのオーラスは「サライ」ですが、最後の一歩手前は「負けないで」がマストになっているのが世間でも共通認識になってますね。

 

「そろそろ『負けないで』の時間」という表現は、24時間テレビによって出来た時間の測り方。。。

歌詞の内容として応援ソングだというのは分かりますが、毎年同じ流れに持っていくのを制作スタッフさんも「そろそろ今年は違う流れで・・・」と変えていった方がいいのではないかと。

 

朝から登場の柴田理恵とヨネスケ(笑)まさにその通りで笑えます。

 

てゆーかここまで書いて思いましたが・・・「めっちゃ24時間テレビ見てるやん!」

SNSで24時間テレビを批判している人も多いですが、批判できるということは視聴しているということ(汗)

結局は24時間テレビの思う壺だということに、文句を言いながら乗せられているのが現実ということなんですよ。。。

コメント