100日後に死ぬワニのブームは電通案件で確定?映画化やグッズも最初から決まってた?

どうもどうも〜!

「100日後に死ぬワニ」が3月20日のツイッター投稿で完結しました。

終わりに近づくにつれて人気上昇具合がすごかったこの作品ですが、終了した途端に映画化決定やグッズ販売など関連商材が続々発表されています。

この展開の早さに大きなプロジェクトとして最初から動いていたのでは?と勘ぐられていましたが、やはり大手広告代理店の「電通」が関連した一大プロジェクトとして動いていたようです。

 

100日後に死ぬワニは電通案件だった!

一大ブームを作った「100日後に死ぬワニ」が電通案件だったということが話題になっています。

 

3月20日の最終話公開後にアップされたワニと「いきものがかり」のコラボ動画↓

「100wani Project」というプロジェクトが制作したもの。

プロジェクトスタッフの中に電通社員と、電通と関わる人物が入っていることから「100日後に死ぬワニ」が電通案件であるといわれている理由です。

 

PRプランナーとしてクレジットされている根本陽平さんが「電通パブリックリレーションズ」という電通関連会社の社員ということ。

それに「統括」としてクレジットされている中尾恭太さんが代表と務める「ベイシカ」という会社の取引企業に「電通東日本」が入っています。

 

これらのことから、ワニが電通案件だったといわれているようです。

 

100日後に死ぬワニスタート前から一大プロジェクトだったのか?

電通が絡んでいることが判明して、「100日後に死ぬワニ」はスタートする前から一大プロジェクトとして進められてたと思われます。

たまたま一人の漫画家さんが書き出して、ツイッターに投稿しだしたように思われていましたが、実は100日後に大ブームとなることを想定して綿密に計算された戦略だったということ。

これにはさすが電通!としかいいようがないですね。

 

終わりに近づいてきた時期に「ワニがおもしろい!」と口コミで広がっていったような策略も、最初から戦略の一つだったのかもしれませんね。

↑再生数といいねの数が違う件は、ミスった感が否めません。

天下の電通がこんなミスをするとは思えませんが。。。

 

↑こちらは以前話題になった「アナ雪2ステマ騒動」に関わった漫画家さんと、「100日後に死ぬワニ」の原作者きくちゆうきさんが繋がっていたことがわかるという画像。

「アナ雪2ステマ騒動」についてはまとめ記事に詳しく書かれていますよ。

ステマ騒動が電通絡みの案件であったことから、今回のワニについても疑念を抱いた人が多かったというわけですね。

自然発生的にブームができたのではなく、初めから計算されたものだったという。

 

個人的にはブームなんて作ろうと思って起こすものだから、正攻法じゃないの?と思いますけどね。

 

映画化もグッズ販売も最初から決まっていたこと?

「100日後に死ぬワニ」が最終話を迎えた途端に続々と発表された作品の横展開。

書籍化は事前に分かっていましたが、映画化やグッズ販売などものすごいスピードで広がっていったことで「???」と思った人が多かったようです。

 

そこに大手広告代理店の電通が絡んでいたことが判明して、謎が全て解けたということ。

映画化やグッズ展開も最初からプロジェクトの中のコンテンツの一つだったということなんでしょうね。

 

↑長期間プロジェクトじゃないと、ここまでのグッズ展開はできないしょう。

「100日後に死ぬワニ」が昨年2019年12月からスタートしましたが、わずか三ヶ月でここまで準備できないだろ?というのが、大多数の意見ということなんです。

なんどもいいますが、その「作られた感」がステマ騒動=電通案件だったとつながることから、感動から落胆へ急降下してしまった要因なんでしょうね。

 

ヴィレッジ・ヴァンガードも最終話翌日からコラボグッズ販売するし

 

LOFTでは追悼ポップアップショップという特別ブースを出すみたいです。

 

書籍も4月8日に発売決定してますね。

 

 

映画化に関しても、スタートする時から映画化展開すること(ゴール)があった上で進んでいたんだろうなと思います。

 

100日後に死ぬワニ電通案件まとめ

これだけの一大ブームになったことは事実。

もちろん「100日後に死ぬワニ」という良質なコンテンツが根本にあるからこそ、色々な横展開ができるのだと思います。

映画化がアニメ映画か実写映画なのか?発表されていませんが、実写映画化だったらそれはそれで見てみたい(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました